自動車整備士の募集・採用状況

自動車整備士の募集状況

自動車のメンテナンスや修理などを行う自動車整備士は、その責任の重大さゆえ国家資格として認定されています。
以前は3Kと言われていた自動車整備士ですが、近年は人材不足を補うために好待遇で求人を行う企業や整備工場が増えてきています。

自動車整備士業界は、深刻な人材不足や後継者不足がすすむ一方で、近年は、若い女性の自動車整備士や、いったん離職された方が再び自動車整備士として活躍する事も増えてきています。
今回はそんな自動車整備士の求人・採用状況についてお話しさせていただきます。

自動車整備士の求人状況

それではまず自動車整備士の求人について一緒に見ていきましょう。
これから詳しくお話していきますが、自動車整備士業界は深刻な人材不足が問題となっています。
これは「安定した求人がある」ということを意味すると言えるでしょう。

自動車整備士業界では、よい人材を獲得するために、給与や待遇を改善していこうという動きが活発になっています。

自動車整備士の求人は多い?

自動車整備士の求人情報をチェックしていると、資格欄に「自動車整備士〇級」が必要と書かれている求人がある一方、「自動車整備経験:未経験可や経験不問」と資格が求められていない求人がたくさんある事にも気づかれると思います。

自動車整備士は専門性の高い国家資格で、自動車のメンテナンスや修理を行う企業、整備工場では有資格者を雇用する事が法律で定められています。

しかし、人材不足が深刻な問題になっている自動車整備士業界では、無資格で未経験の方を採用し、実務経験を積ませながら資格取得をフォローしていくという企業や整備工場も数を増やしてきています。

繰り返しになりますが、自動車整備業界は、人材不足が大きな問題となっていますが、さらに、離職率が高めで中途採用も多いため、求人は他業種に比べ多く、比較的見つけやすい業種であると言えるでしょう。

自動車整備士の求人にはどういうものがある?

自動車整備士の活躍の場は、整備工場だけではありません。

体力があまり要らない職場

カーディーラー、リース会社、ガソリンスタンド、タイヤの販売店やカー用品店でも歓迎される事が多く「自動車整備士有資格者」は優遇される事が多いのです。

自動車整備士として働いていたが、待遇に不満があったり体力的な問題で離職したという方でも、実はこうした自動車整備士の資格を活かす求人に巡り合う事も出来るのです。

体力に不安があるという方は、中古車査定士や整備士養成施設などの指導員になるという道もあります。

体力に自信がある方の職場

給与に不満があって転職された方の場合は、体力に問題がないのであれば大型トラックなども扱っている工場や、重機や建設機械・特殊車輌の修理工場を視野に入れられてもよいでしょう。

大型車両を扱いますので、体力も必要ですが給与も高めになっています。

自動車整備士、よい求人はここで探せる!

自動車整備士の求人は、ハローワークなどでも探す事が出来ますが。より効率的に探すのであれば転職エージェントがおすすめです。

より良い条件の自動車整備士の仕事を探せるだけでなく、自動車整備士としてのキャリアを活かして、整備士以外の仕事に転職したいという方にも十分対応可能です。

またすぐに転職を考えていない場合でも、希望条件などを登録しておけば、希望に見合う求人が出た時に知らせてもらう事も出来ます。

このように自動車整備士は安定した求人がある分野です。

現在の給与や待遇に不満がある方や、一度離職した自動車整備士の方は一度転職を視野に入れてはいかがでしょうか。

自動車整備士の採用状況

さて、ここまでは自動車整備士の求人についてお話しさせていただきました。

自動車整備士は安定した求人があります。

しかし求人に対しての採用状況はいったいどうなっているのでしょうか?

自動車整備士の採用率は高い?

自動車整備士は慢性的な人材不足に悩まされている業種の1つです。

そのため常に需要(求人)がある仕事ですが、事業規模の大きい企業や、メーカーのディーラー、大手の整備工場は就職先として人気が高いため、有資格者であっても必ず採用されるとは限りません。

一方、事業規模の小さい整備工場や、町工場などでは、経営に直結する人材不足に悩まされているところも多く、有資格者はそれだけで歓迎され採用されるケースが多いでしょう。

実際、人材不足で倒産の憂き目にあっている整備工場や町工場も多いのです。

ですから、自動車整備士業界は全般的に採用率は高めになっています。

採用率をアップさせるには?

自動車整備士として採用される確率を上げるために出来る事にはいったい何があるのでしょうか?

より上級の資格取得を目指す

自動車整備士には1~3級までありますが、等級が上がれば採用率は上昇すると言えるでしょう。

3級は中学卒業資格があり実務経験が1年以上あれば受験可能でハードルも低めです。

一般的には2級があれば自動車整備士の就職には困らないと言われており、実際1級を取得している人は極めて少ないと言われています。

だからこそ1級を取得しておけばそれは大きなアドバンテージになると言えるでしょう。

経験を積みスキルアップを図る

特に転職を急いでいるのでなければ、今の職場で更に経験を積みスキルアップするという方法もあります。

スキルアップと同時により上級の資格を取得すればより条件のよい転職が可能になるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用すれば効率よく転職活動が出来きます。

転職エージェントと各企業にはコネクションと過去の実績があります。そのため、転職エージエントを利用した転職の方が成功率はアップする可能性が高いのです。

また希望や条件などを自分の代わりに交渉してくれるというメリットもあります。

まとめ

いかがでしたか?
今回は「自動車整備士の求人・採用状況について」というテーマでお送りさせていただきました。

自動車整備士は安定した求人があり採用率も他業種より高いと言えるでしょう。

しかし資格さえあれば希望の条件で転職出来るというわけではありません。

自分のスペックを上げる努力をすると同時に転職エージェントを利用する事で、好条件での転職を成功させる事ができます。



転職活動の前に